電磁波シールドメッシュ(電磁波防止繊維)銀コート

電磁波シールドメッシュは携帯電話・スマートフォン、WIFi等の通信電波や電子レンジ、及び一般家庭電化製品やパソコンやモニター等の事務機器から発生する低出力の高周波(数MHz~数GHz)電磁波をシールドする素材です。 電磁波シールドメッシュは電磁波を遮断する導電繊維(ナイロンに純度99%の銀をコーティングしたもの)をハニカム(六角形)メッシュ状(網目約1.5ミリメートル)に編み上げた新素材です。 繊維がもつ「軽い、柔軟」と、金属がもつ「導電性、電磁波シールド性」等の特性を併せ持った素材として、多種多様な電磁波対策に用いられております。 薄くて強い、表面積が広いなど、繊維が持つ特徴や機能、金属の触媒機能、熱伝導性などの機能を有しています。
日本製/特許出願済
当社では電磁波対策(EMC対策)にお困りの方々のお役に立てればと考え、試作時の少量需要や個人の方のご利用も想定して、1メートル単位(生地幅105cm)での切り売り販売をさせて頂いております。 電磁波シールドメッシュは、柔らかな風合いの生地ながら、10MHz~2500MHz(2.5GHz)において1枚で20dB(減衰率90%)以上、4枚重ねでは約50dB(減衰率99.9%)のシールド性能を発揮します。 電磁波シールドメッシュは電磁波遮蔽性能に優れていることはもちろんのこと、耐久性、抗菌性、加工の容易さ、導電性能の利用等々、電磁波シールド以外にもたくさんの優れた点もございます。 実際にご自分の目でお確かめになってからという方にはサンプル(有償)もご用意しております。
電磁波シールドメッシュ拡大イメージ1 電磁波シールドメッシュ拡大イメージ2

仕様

商品名:電磁波シールドメッシュ
商品コード:SE200
有効生地幅:105cm
厚み:230μm(0.23mm)
使用環境:-20℃~53℃
素材(基材/金属):ナイロン繊維/Ag(純度99%)
表面抵抗(Ω/10×10cm)詳細データ
タテ1.4/ヨコ3.3Ω
目付:20g/m²
電磁波シールド性詳細データ
100KHz~2GHz:21.5~30dB(KEC法)
4.5MHz~1.4GHz:30~40dB(フリースペース法)
7.75GHz~13GHz:20~40dB(フリースペース法)
抗菌性詳細データ
(試験方法:統一試験法)
生菌数:20以下
静菌活性値:5.8以上
殺菌活性値:3.1以上

概要

電磁波をシールド

100KHz~2.5GHz周波数において20~40dBのシールド性能を持っており(KEC法)、重ね合わせることにより60dB以上のシールド性能を発揮します。電子機器等から発生する高周波電磁波ノイズの影響による誤作動対策や人体の健康障害の影響軽減の他、画面の乱れやスピーカーのノイズ対策としても効果を発揮します。

簡易実験動画:電磁波シールドメッシュが電子レンジから出るマイクロ波を遮蔽する様子をご覧ください。(YouTube)

静電気(帯電)防止

電気抵抗値が少なく、静電気(帯電)防止効果があります。帯電することに伴う、ほこりやたばこの煙等の吸着を防ぎ、ほこりによる機器の性能低下を軽減するうえ、普段の掃除が楽になります。

抗菌効果

銀の合金をナイロン繊維にコーティングしているので銀の持つ殺菌効果により雑菌を無くしてしまいます。抗菌効果によりいつも清潔に保つことができます。

高耐久性

銀の合金を使用しているので錆びにくく、変色・変質しにくいので長持ちします。

高汎用性

軽量で資材コストが安く、伸縮性・放熱性・通気性に優れているので汎用性が高く、アイデアにより多くの用途が考えられます。

環境への配慮

金属板は製造、再生処理の際に大きな熱エネルギーが必要で、重量が重いため運送の際のエネルギー消費も多く、CO2発生の増加につながります。また、金属メッキが化学薬品を多く使用するため、水質汚染の問題が大きく、真空蒸着メッキは金属蒸着の際に大きな熱エネルギーが必要です。これらの問題を解決し、次世代への素材として注目を浴びています。

利用例

一般企業、学校、病院、研究機関等の利用例

個人の利用例

※火気の近く、高温高熱の場所、電気製品の電源プラグ等に直接接触して使用しないでください。火災や電気製品の故障原因となることがございます。

電磁波シールド性能

電磁波シールドメッシュは重ね合わせることにより1MHz~2.5GHz高周波電磁波に対し20dB~50dBのシールド性能があります。
※電磁波遮蔽効果は、30dB以上で良好な遮蔽効果を示します(20dB=90.0%, 40dB=99.0%, 50dB=99.9%)

1.KEC法

測定方法KEC法測定イメージ
KEC法(KEC:関西電子工業振興センターの略称)
測定条件
測定周波数: 0.1MHz~2500MHz(2.5GHz)
発信部と受信部の距離: 10mm
試験室の温湿度:20℃、65%RH
測定面: 入射エネルギーは、生地表面に照射
測定結果
疑似ノイズ源として信号発信用のアンテナと受信アンテナの間に試料を挿入し、試料の有無による電界の強度を測定。
KEC法による電磁波シールド性能表

2.フリースペース法

電界シールドデータ 周波数ごとに電磁波シールドメッシュを1~6枚を重ねた時の電界シールドデータ。 各周波数帯域におけるシールド性能評価を米国のHVS Technologies, Inc.にて実施した。
テスト実施日
1997年12月10日
測定施設
HVS Technologies, Inc.(米国の電子音響研究センター付属電磁吸収遮蔽材とテスト設備専門機関)
測定者
Prof. Vijay K. Varadan(アメリカ ペンシルバニア州立大学 電子音響材&装置工学研究センター)
使用電磁波遮蔽材
電磁波シールドメッシュ(MGネット)
測定機器
HVS Free Space Microwave Measurement System
測定方法
HVS Free Space Microwave Measurement Systemを用いた電磁波シールドメッシュ(MGネット)の電磁波吸収率と透過減衰率の測定
測定結果
周波数0.045GHz~1.4GHz時
吸収率:1%前後
遮蔽率:30~40dB以上
周波数7.75GHz~13.0GHz時
吸収率:1%前後
遮蔽率:20~40dB以上
フリースペース法による電磁波シールドデータ(45MHz~1.4GHz)
フリースペース法による電磁波シールドデータ(7.75GHz~13GHz)

物性特性

電磁波シールドメッシュ物性特性一覧表
表面抵抗測定方法(測定条件)
  1. 試料サイズ:120mm×100mm(経方向、緯方向それぞれの用意をする。)
  2. 電極(グリップ):10mm×100mm(試料接触部)
  3. テスター:HIOKI製 3220 mΩ HI TESTER
  4. 試料の両端を電極間100mmになるように挟む
  5. 試料の経方向、緯方向の抵抗値を読みとる
洗濯方法
電磁波シールドメッシュはナイロン糸に銀をコーティングし、編み上げた素材です。
銀が剥がれ落ちるとシールド効果が落ちますので洗濯の際には通常の布と違い、下記の点ご注意ください。
パソコン等、電子機器に使用する際のご注意
排気口等、常に風があたる部分へのご使用は、空気中の硫化水素(H2S)と反応して硫化銀(Ag2S)となります。
硫化銀となりますと導電性が落ちますので、シールド性能も低下します。
電磁波シールドメッシュは直接、風に当たらないよう工夫してご使用ください。

製造工程

1.ナイロン繊維に銀をコーティング
コーティングする銀の純度は99%。残り1%は腐食防止のための加工処理を施しています。(実は腐食防止処理コストがかかる為、純銀より高価なのです) 安価なシールド材は編みあがった生地にニッケルなどの安い金属をコーティングするだけなので耐久性は良くありませんし、肌に接して使用する場合は金属アレルギーにも注意が必要です。 また、ナイロン繊維は摩擦や折り曲げに対しても丈夫なナイロン66を使用しています。
2.上記の繊維を数本束ねてより糸を作る
銀をコーティングしたナイロン繊維13本をより糸にして1本の糸にします。1本1本に銀がコーティングされているので、銀もはがれにくく耐久性にすぐれる。肝心のシールド効果もアップ。また、より糸にするので丈夫で長持ち、復元性に優れます。
3.トリコット編みで編み上げる
網目の縦、横の繊維が互いの動きを拘束するので目の粗さが一定に維持される。網目の交差部分で絡み合った繊維同士の導電により、電磁波の反射量・吸収量がアップ。その他、トリコット編みはしわや目ずれが起きにくく、布のように風合いが柔らかで加工しやすい素材です。

銀の特徴(電磁波シールド効果以外にも色々なメリットがあります)

電磁波シールドメッシュはナイロン糸に銀(Ag)をコーティングし、メッシュ状に編み上げております。 銀は電磁波シールド材料として最適な金属です。
「各種金属のシールド材料としての適正一覧」
また、銀は古くから食器や銀歯などに使用されているように非常に安全な金属です。
抗菌・防臭効果
古代ローマ時代から銀食器で食べ物や水を保管し、鮮度保持の手段として使用されていたたように、銀は菌の発生を抑え、腐敗を防止する作用があります。 近年、銀が水と接触することによって発生する銀イオンの持つ殺菌作用が注目され、NASAや世界の航空機の半数以上にも銀イオン浄水器システムが使用されています。また、銀イオンの殺菌性を利用した消臭抗菌スプレーなども販売され、人気を集めています。
蓄熱保温効果
銀は赤外線を反射・輻射させる能力を持っています。(赤外線も広い意味での電磁波ですが、ほとんどが熱エネルギーに変換される安全な波長の電磁波です。) 電磁波シールドメッシュを衣服の裏地に使用した場合、銀の赤外線反射・輻射作用により人体からの熱の放散を防止し衣服内の温度を高める蓄熱保温効果があります。 また、メッシュ状なので通気性に優れ、オールシーズン快適です。
静電気防止効果
銀は電気をよく通します。衣類の裏地に使用した場合、体にたまった静電気は銀繊維に伝わり、繊維の小さなケバだちから空気中に放出されます。(放電は微弱なものなので、危険はありません。) また、機器にかぶせて使用する場合もほこりの吸着を防止することができます。
金属アレルギーを起こさない
金属アレルギーとは、汗に含まれる塩素イオンと金属の作用によって、皮膚が拒絶反応を起こしてかぶれる状態をいいます。 ニッケル等の安価な金属は、直接肌に接した場合、他の金属に比べて溶けだしやすく、汗をかけば、汗に含まれる塩素イオンの作用でより溶けだしやすくなる性質を持っているので注意が必要です。 銀は極めてアレルギーになりにくい安全な金属です。

電磁波シールドメッシュご注文

電磁波シールドメッシュイメージ
※現在の納期:約1週間
※法人様は後払い可
電磁波シールドメッシュ(生地幅105cm)
価格:¥15,000(税別)送料無料
ご注文メートル数:メートル
オンラインカード決済の場合は次の画面で数量の変更が出来ます。
電磁波シールドメッシュイメージ
電磁波シールドメッシュ(生地幅105cm)
価格:¥15,000(税別)送料無料