電磁波防止商店トップページへ
電話注文できます 06-6105-8050


導電布(金属繊維)

 概要
 

導電布(金属繊維)とは、有機繊維の表面に極めて薄い金属をめっきした織物です。金属化繊維やめっき繊維という場合もあります。

近年エレクトロニクス産業の急速な発展によりパソコンや携帯電話などが普及し、私たちの生活は大変便利になってきました。その反面これらの電子機器から発せられる電磁波(電波)が、他の電子機器の動作に影響を及ぼす問題が発生しており、その対策が必要になってきています。

導電布(金属繊維)は、繊維の持つ「軽さ、薄さ、柔軟性、表面積が広い」といった特性と、金属が持つ「導電性、電磁波シールド性能、熱伝導性」などの特徴・機能を併せ持った素材です。
また、折り曲げ、ねじれる箇所では欠かせない「耐屈曲性、フィット性」を有しているところで、多種多様な場面で、電磁波対策用素材として用いられています。
(金属箔や金網などの安価な材料は屈曲、ねじれなどにより金属疲労が生じやすく、破損する場合がありますので注意が必要です。)

電磁波ノイズ対策手法としては、電磁波を遮断する方法や電磁波を吸収する方法などが挙げられ、その他にも設計段階で回路によって対策をとる手法などもありますが、 この導電布(金属繊維)は、電磁波を遮断(反射)させることにより対象物へのノイズを軽減させる材料です。

電気機器等から放出される不要な電磁波を抑える(エミッション)目的に、電気機器が電磁波に曝された際に影響を最小限に抑える(イミュニティ)目的にとEMC対策にご活用ください。

通常の布と同様に取り扱い出来ますので、ハサミで裁断したりノイズ源を包みこんだりすることが可能です。


 構造
導電糸断面図実写2500倍 
導電布断面図実写600倍

断面図

 製造工程
精錬
素材表面についてる、油剤、汚れをとる。
 
表面調整
素材の表面をぬれやすくする。
 
触媒付与
錫とパラジウムのコロイドを吸着させる。
 
活性化処理
余分な錫を取り、触媒(Pd)を活性にする。
 
めっき工程
金属イオン浴に漬け還元反応により素材表面に金属皮膜を形成する。
 
乾燥
素材に残った水分を熱により気化させる。
 
検査
外観検査と電気抵抗値の測定を行う。

 製品一覧&ご注文 送料無料
品番
DW-102C
DW-175C
DW-372N
透光性/柔軟性 のイメージ
クリックで拡大します
Highslide JS
基材
ポリエステル平織物
ポリエステルスパン織物
ポリエステルマルチフィラメント織物
密度(経/緯)
68/60 [本]
68/60 [本]
108/84 [/inch]
番手(経/緯)
30/30 [番手]
30/30 [番手]
50/50 [番手]
全幅(有効100cm)
112/114cm
112/114cm
123/125cm
ロール長(乱m)
100m
100m
200m
厚み
250µm
250µm
150µm
重量
160g/m²
170g/m²
70g/m²
メッキ金属
Ni(ニッケル)
Cu-Ni(銅/ニッケル)
Cu-Ni(銅/ニッケル)
メッキ率
20%
50%
25%
仕上加工
透明アクリル樹脂
透明アクリル樹脂
なし
※フッ素撥水仕上加工も可
表面抵抗値(タテ/ヨコ)
1.2Ω/□以下
0.5Ω/□以下
0.1Ω/□以下
引っ張り強力(タテ/ヨコ)
74.0/55.5 [kg/5cm]
76.1/60.2 [kg/5cm]
35.5/25.8 [kg/5cm]
引裂き強力(タテ/ヨコ)
2.4/2.0kg
2.38/1.75kg
0.563/0.396kg
耐熱温度
100℃以下
100℃以下
KEC法シールドデータ
クリックで拡大します
Highslide JS
Highslide JS
Highslide JS
備 考
ノンハロ
アンチモフリー
ノンハロ
アンチモフリー
ノンハロ
アンチモフリー
透光性
価 格
9,000円/m (税込価格9,720円/m)
※ご注文は5m以上でお願い致します。
注 文



ご注文は5メートル以上でお願いします。
出荷は工場からの直送手配となります。(代引き発送不可)
※ 20m以上のご注文の場合は別途お見積りにて特別価格を適応させていただきますのでこちらよりご連絡お願いします。
※ 御見積書がご必要な場合は「見積依頼書」のファックスをお願いします。(FAX:06-6105-8051)
※ 請求書払い(後払い)ご希望の場合は、お取引条件をご記載のうえメールにてご相談ください。(法人のみ)
※ 返品不可となります。(ご注文前に特定商取引法の表示をご確認ください)
※ 1,000円(送料込)の有償サンプルもご用意しております。



お問い合わせ
営業時間:9:00〜18:00(定休日:土、日、祝)
TEL:06-6105-8050 FAX:06-6105-8051
Eメール:info@macco.co.jp
マックコーポレーション有限会社マックコーポレーション / Established in 1994