電磁波シールドメッシュ測定結果

電磁波シールド特性測定法

測定方法: KEC法(KEC:関西電子工業振興センターの略称)
   
測定条件:
測定周波数 :10〜1000MHz
発信部と受信部の距離 :10mm
試験室の温室度 :20℃、65%RH
測定面 :入射エネルギーは、生地表面に照射

 
シールドデータの解説
電磁波シールドの効果を表す単位はデシベル(dB)です。
デシベルは20×log10(シールド後の電界強度/シールド前の電界強度)で導き出します。
シールド効果
シールド率
電磁波の強さ
20デシベル
90%
10分の1
40デシベル
99%
100分の1
60デシベル
99.9%
1000分の1
 

1枚の場合
2枚の場合
3枚の場合
4枚の場合
6枚の場合

擬似ノイズ減として信号発信用のアンテナと受信アンテナの間に試料を挿入し、試料の有無による電界の強度を測定。
 
シールド効果は次の式で求める。
 シールド材が無い場合の空間の電界強度をEo
 シールド材が有る場合の空間の電界強度をEx
 SE(シールド効果)=20 log10 Eo/Ex [dB]


←戻る