電磁波防止商店トップページへ

電磁波測定器販売

トリフィールドメーター(TRIFIELD METER) 送料無料対象商品

電磁波環境を電磁波測定器でチェックしよう!!

磁場・電場・携帯電話/マイクロ波 検知器

電磁波測定器TRIFIELD METER
あなたやあなたの大切な人の生活スペースの電磁波環境知っていますか?

トリフィールドメーターは1台で3種類(電場・磁場・マイクロ波)の電磁波が測定可能な電磁波測定器です。
電磁波環境をチェックして、あなたの健康に予想されるリスクを避けるため、身の回りの配線、電子・電気機器、家具などの配置を検討する目的でこのトリフィールドメーターをご活用ください。

当社独自の仕入ルートにより、格安にて電磁波測定器の販売が可能になりました。
電磁波測定器トリフィールドメーター
電磁波測定器トリフィールドメーターで快適空間を確保しよう!
■医療施設
  • 医療機器の誤作動を防止のために電磁波を測定
  • ■企業
  • PC、無線LAN、コピー機等、オフィス内は電子機器でいっぱいなので電磁波が気になる
  • 1日中パソコンに向かう仕事なので、モニターからの電磁波を測定
  • 携帯電話は仕事に欠かせないが、やはり電磁波の影響が心配
  • 土地・不動産の営業に電磁波測定器で数値を示してお客様に確認してもらう
  • ■家庭
  • 新たに購入した電化製品の電磁波を測定
  • 古くなった電子レンジのマイクロ波の漏れを電磁波測定器で
  • 電磁波の影響を受けやすい子供のために子供部屋の電磁波を測定
  • 子供が携帯電話をよく使っているが電磁波は大丈夫か
  • 電磁波は被曝量×時間、人生の3分の1をすごす寝室は大丈夫か
  • テレビからどれくらい離れれば大丈夫なのかを測定
  • 部屋の模様替えで電化製品や家具等を最適の位置を知りたい

  •  電磁波測定器トリフィールドメーターとは?
    ●電磁波測定器のスタンダード
    電磁波測定器トリフィールドメーターは電磁波測定器の中でも低価格ながら、非常に信頼度が高く、研究所、大学、学校、病院、電気、電話、ガスなどあらゆる分野で利用されています。また産業用として情報機器、家電製品、電源機器などの電磁試験や管理、点検、生産ライン、実験研究、サービスにと活躍しています。

    ●1台で3種類の電磁波が測定可能!
    電磁波測定器トリフィールドメーターは1台で磁場、電場、マイクロ波の3種類の電磁波の測定が可能です。 計測したい箇所にダイヤルをあわせて、測定したい場所や発生源に近づけるだけです。
    電磁波の単位につきましては 電磁波測定単位についてをご覧ください。

    ●検出器には三軸を採用!
    電磁波測定器のセンサーには単軸と三軸があります。磁場には方向があり正確に測定するためには三方向を測定する必要があります。電磁波測定器トリフィールドメーターの検出器は三軸を採用しておりますので、正確な磁場測定が可能です。

     電磁波測定器トリフィールドメーターの測定可能周波数について
    電磁波についてここで詳しく説明することは困難なので、我々の身近な電磁波について簡単に説明したいと思います。
    電磁波とは電場と磁場が相互に作用して組み合わさり、空間を伝達する波のことを言います。
    電磁波は自然界にも存在します。太陽光線の紫外線や赤外線も電磁波の一種で、周波数が高くなるほどエネルギーは強くなります。家電製品や送電線、配電線から出ている電磁波の周波数は50〜60ヘルツと非常に低く、携帯電話の電磁波は比較的高周波のマイクロ波に分類されます。
    周波数(Hz)とは1秒間に作られる波の数のことで、例えば電化製品の50Hzは1秒間に50回の波が発生しているということです。電波の進む距離は光の速度(秒速30万Km)と同じなので、ひとつの波の距離(波長)は5,000Kmにもなります。したがって電場と磁場とは分けて考えられます。
    それに対してマイクロ波である電子レンジの周波数は2.45GHz。携帯電話については下記の表のような周波数となっています。マイクロ波の波長は短いので電場と磁場は絡み合って伝わります。
    携帯電話の使用する周波数
    NTTドコモPDC
    au CdmaOne
    800MHz帯
    ツーカー各社
    J-フォン
    NTTドコモシティホン(関西ではシティオ)
    1.5GHz帯
    PHS 1.9GHz帯
    第三世代携帯電話
    au CdmaOne2000
    NTTドコモ FOMA(W-CDMA)
    ソフトバンク
    2.0GHz帯
    参考: 電磁波の測定単位について
      電磁波安全基準についてQ&A
      ケータイ電磁波レポート

    電磁波測定器の測定可能周波数

     電磁波測定器トリフィールドメーター仕様
    製造国 アメリカ
    表示 アナログ表示
    本体サイズ 12.5×6.4×6.1cm
    重量 約250g
    電源 9Vアルカリ電池×1
    電池寿命 約30時間
    検出器 3軸※1

    測定範囲
    磁場 高感度:0.2〜3mG
    ノーマル:0〜100mG
    電場 0〜1000V/m
    マイクロ波 0.01〜1mW/cm2

    測定周波数
    磁場・電場 30〜500Hz※2
    マイクロ波 50MHz〜3GHz※3

    ※1 検出器には単軸と3軸があります。磁力には方向があり、磁場での計測器のセンサ−の向きによって、数値が変化するため、単軸の検出器では正確な磁場強度を計測することができません。
    価格の安い測定器は短軸です。三方向にセンサーを備えた3軸センサーで方向性に関わりなく一定の数値を表示しますので、正確に計測することが可能です。
    ※2 30Hzから500Hzまでの表示値は周波数により加重され、50Hz或いは60Hzで較正されています。
    ((例))
    測定周波数 表示値 実際の磁場の値
    50Hz
    2mG
    2mG
    100Hz
    4mG
    2mG
    これは磁場や電場によって人体に生じる電流を基準にして磁場と電場の値を表示しているためで、その人体に生起される電流は電磁場の周波数と強さに比例しています。
    500Hzから1,000Hzまでの感度はほぼ一定です。1,000Hzを超えると周波数が高くなるにつれて磁場・電場に対するメーターの感度は徐々に弱くなり100KHz付近でゼロになりますが、100MHzまで応答反応を残すことがあります。
    ※3 50MHzから3GHzまでの感度をもち、家庭用の電子レンジや第3世代携帯電話(3G)の周波数の2GHzで較正されています。部屋の状態によるマイクロ波の予想外の反射や使用者自身の影響により、実際の強さの約50%から+100%の範囲で表示します。

     電磁波測定器トリフィールドメーターの使用法
    使用方法は簡単です。下記の中から測定したい種類にダイヤルを合わせて指針を確認ください。
    ダイヤル表示
    計測の種類
    Battery Test バッテリーチェック
    MAGNETIC(0-100range) 磁場測定ノーマルモード
    MAGNETIC(0-3range) 磁場測定高感度モード
    ELECTRIC 電場測定
    RADIO/MICRWAVE マイクロ波測定

     
    バッテリーチェック

    ダイヤルを「Battery Test」に合わせるとバッテリーのチェックができます。新品の電池でも右に振り切れることはありませんので、ラインより右に振れれば大丈夫です。
    磁場測定

    ダイヤルを「MAGNETIC(0-100range)」に合わせると、超低周波(50Hz or 60Hz)の磁場を0〜100mG(ミリガウス)の範囲内で測定可能です。一番上ののスケールを読み取ります。
    磁場測定高感度

    ダイヤルを「MAGNETIC(0-3range)」に合わせると3mG以下の比較的弱い超低周波(50Hz or 60Hz)磁場のチェックができます。
    写真では1.4mGを指してます。
    電場測定

    ダイヤルを「ELECTRIC」に合わせると、超低周波(50Hz or 60Hz)の電場を測定できます。電場測定の時には数値を10倍にして読み取ってください。10倍して読み取ることによりスケールは0〜1000V/m(ボルトパーメーター)を表します。この写真では約20V/mとなります。
    ラジオ/マイクロ波

    ダイヤルを「RADIO/MICROWAVE」に合わせると携帯電話や電子レンジや無線LAN等のマイクロ波の測定ができます。0.01〜1mW/cm2(ミリワット パー 平方センチメートル)を表示します。メーターの先端を発生源の方向に向けてください。

     ご注文
     レンタルご希望の方はこちら
    電磁波測定器 トリフィールドメーター
    特別価格:29,000円+税
    電磁波測定器トリフィールドメーター取扱説明書(PDFファイル)



    電磁波測定器トリフィールドメーターは、研究所、大学、学校、病院、電気、電話、ガスなどあらゆる分野で活躍している電磁波測定器のスタンダードです。
    トリフィールドメーター

    電磁波測定器トリフィールドメーターは50Hz(東日本)、60Hz(西日本)共用モデルとなりました。


    販売価格:29,000円(+税)

    電磁波測定器トリフィールドメーター(50Hz/60Hz共用モデル)
    ※送料:日本全国送料無料
    ※納期:在庫あり

     

      電磁波測定器トリフィールドメーターの保証について
    保証 電磁波測定器トリフィールドメーターはアメリカからの輸入品のため、メーカー保証はございませんが、当社が独自に1年間の保証をさせて頂きます。但し、通常使用における故障についてを保証するもので、下記事項に該当する場合は保証範囲外とします。往復送料はお客様ご負担にてお願い申し上げます。
    ・取扱い上の不注意、誤用、落下等による機器の故障及び損傷
    ・弊社以外による修理・改造・分解に起因する機器の故障及び損傷
    ・地震・噴火・津波・風水害等の天災による損害
    ・紛失、置き忘れによる損害

    お問い合わせ
    営業時間:9:00〜18:00(定休日:土、日、祝)
    TEL:06-6105-8050 FAX:06-6105-8051
    Eメール:info@macco.co.jp
    マックコーポレーション有限会社マックコーポレーション / Established in 1994