銀の特徴

下記の一覧のとおり、銀は電磁波シールド材料として最適な金属です。

■■■ 金属の電磁波シールド材料としての適正一覧 ■■■
 
比重
比導電率(a)
(CU:1.0)
比透磁率(b)
(100MHz)
a/b
※1
a・b
※2
10.5
1.06
1
1.06
1.06
8.9
1.00
1
1.00
1.00
19.3
0.78
1
0.78
0.78
アルミニウム
2.7
0.63
1
0.63
0.63
ニッケル
8.9
0.23
1
0.23
0.23
7.9
0.17
100
0.0017
17
東京都立工業技術センター「電磁波妨害に対する規制とシールド技術」より

※1: 比導電率/比透磁率は電磁波の反射損失の度合い。
  この値が大きいほど電磁波の反射損失量が大きい。(シールド性能が高い)
※2: 比導電率×比透磁率は電磁波の吸収損失の度合い。
  この値が大きいほど電磁波の吸収損失量が大きい。(シールド性能が高い)

また、銀は古くから食器や銀歯などに使用されているように非常に安全な金属です。

●抗菌・防臭効果
古代ローマ時代から銀食器で食べ物や水を保管し、鮮度保持の手段として使用されていたたように、銀は菌の発生を抑え、腐敗を防止する作用があります。
電磁波シールドウェアの場合は銀の効果により細菌を殺し、体臭をおさえる効果があります。
電磁波シールドクロスなら室内を清潔な環境に保つことができます。
近年、銀が水と接触することによって発生する銀イオンの持つ殺菌作用が注目され、NASAや世界の航空機の半数以上にも銀イオン浄水器システムが使用されています。また、銀イオンの殺菌性を利用した消臭抗菌スプレーなども販売され、人気を集めています。

●蓄熱保温効果
銀は赤外線を反射・輻射させる能力を持っています。(赤外線も広い意味での電磁波ですが、ほとんが熱エネルギーに変換される安全な波長の電磁波です。)
電磁波シールドメッシュを衣服の裏地に使用した場合、銀の赤外線反射・輻射作用により人体からの熱の放散を防止し衣服内の温度を高める蓄熱保温効果があります。
また、電磁波シールドクロスを壁紙に利用した場合も銀の蓄熱効果により冷暖房費の節約になります。

●静電気防止効果
銀は電気をよく通します。電磁波シールドウェアなら、体にたまった静電気が銀繊維に伝わり、繊維の小さなケバだちから空気中に放出されます。(放電は微弱なものなので、危険はありません。)
また、電磁波シールドメッシュを機器にかぶせて使用する場合もほこりの吸着を防止することができます。

●金属アレルギーを起こさない
金属アレルギーとは、汗に含まれる塩素イオンと金属の作用によって、皮膚が拒絶反応を起こしてかぶれる状態をいいます。銀は極めてアレルギーになりにくい安全な金属です。
ニッケル等の安価な金属は、直接肌に接した場合、他の金属に比べて溶けだしやすく、汗をかけば、汗に含まれる塩素イオンの作用でより溶けだしやすくなる性質を持っているので注意が必要です。
ニッケル、コバルト、クロム
亜鉛、マンガン、銅
、プラチナ、金
チタン
※上にいくほどアレルギーを起こしやすくなります